fukushima file – はじまりアーカイブス – 福島県内で、なんだかきになる表現をしている障がいのある方や、その方たちがしている表現や作品を記録・保存し、公開しているデジタルアーカイブサイト

髙橋 和真


TAKAHASHI Kazuma

1995年生まれ郡山市出身・郡山市在住

作品をみる

学校を卒業してから郡山市内にある事業所「からふる+」に通い始める。主に使用する画材はボールペンやマーカーペンで、紙を埋め尽くすように、好きなキャラクターや文字、花火などを描く。

受賞歴

・第2回 福島県障がい者芸術作品展「きになる⇆ひょうげん2018」特選

閉じる

出展歴

・第1回 福島県障がい者芸術作品展「きになる⇆ひょうげん2017」
・第2回 福島県障がい者芸術作品展「きになる⇆ひょうげん2018」
・第2回Art to You!東北障がい者芸術公募展
・第4回Art to You!東北障がい者芸術公募展

閉じる

制作のスタイルを教えてください。

からふる+の中では、ほぼ毎日絵を描いています。描きたいときに、「今描きたいです」と 言ってから描いていて、自分で時間調整もしているそうです。また、制作する場所にはこだわりはないそうで、いろんな場所で描いています。制作することが日常になっていて、ルーティンワーク的に描いているようです。(スタッフ)

IMG_7306

高橋さんの作品の特徴を教えてください。

作品の中で特徴的なのが、職員やご自身の身近にいる人をアニメのキャラクターに見立てながら描いていることです。 キャラクターはプリキュアや仮面ライダーなど、好きなものの記憶で描いています。画用紙のなかで、描きたいものを描いてから、団子やカニ、イカ、花火、アリなどを描いて画面を埋めています。自分で作品のはじまりと終わりがわかるので、描き終わるとタイトルも自分で決めています。(スタッフ)

絵を描く以外ではどんなことをしていますか?

プリキュアや仮面ライダーなどのアニメを見たり、テレビドラマや映画、ドライブも好きです。映画などを見た翌日にはまた絵を描きます。好きなことの合間に、食器拭きなどの仕事をすることもあります。(スタッフ)

作品をみる