fukushima file – はじまりアーカイブス – 福島県内で、なんだかきになる表現をしている障がいのある方や、その方たちがしている表現や作品を記録・保存し、公開しているデジタルアーカイブサイト

根本 将


NEMOTO Masaru

1991年生まれ福島市出身・二本松市在住

unico作家 作品をみる

中学1年生のとき、担任の先生の指導がきっかけで、絵を描きはじめる。先生が描くものを真似して描くなどし、当時から様々な色を使って線を描くことを好んでいた。中学3年生のときに失明。その後、18歳の頃から本宮市にある多機能支援センタービーボに通いはじめる。ビーボではボールペンなどの部品のもぎ取り作業や、創作活動を行なっている。クレヨンなどの画材の色を選び、力強く紙に線を引いたり形を描いたりし、表現をする。車が好きで、休日には車のおもちゃを毎週1つ購入し、前の週に買ったものを分解して楽しむなどしている。

主な出展展に、「モーニングテラス第6回公募展『花』」(ギャラリー・モーニングテラス/福島/2013)、 郡山市障がい者作品展(郡山市民プラザ/福島/2015)、「えらぶん:のこすん:つなげるん」(はじまりの美術館/福島/2018)、他。

根本将さんの制作風景です。(2018年はじまりの美術館撮影)

作品をみる